2018年09月08日

シルバのリストコンパス

この記事を4039さんに捧ぐ。

昨年の11月、
4039さんがブログで『初期アフ リストコンパス問題』って記事を書かれてまして、、、「Suunto(スント)」によく似たリストコンパスをリサーチされてました。


ある特殊部隊の使用例。


拡大。左手は年代的にスントのX6ですかね?

これ、ひと目で「欲しい!」となりまして、すぐに調査&ebayすると、運良く未開封のデッドストックをゲットできました。

それがこの「Silva(シルバ)」のリストコンパス!



商品名は『Wrist Sighting』でいいのかしら・・・「Silva」とは「森」を意味するラテン語だそうな。

さっそく開封して遊ぼうと思ったんですが、土壇場で貧乏性のが勝って開封を断念w

ずっと宝の持ち腐れ状態だったんですが、最近程度のいいユーズドをゲットできたので、スントの「M9(旧型)」と比較してみました。

横に並べてみると・・・

silva vs suunto
シルバ(左)、スント(右)

ループバックルの形状、文字板、ベルクロストラップの長さ、の違いがパット見で気づくところでしょうか。

文字板のアップ。

silva vs suunto







「Silva」の金文字がかっこいいです。
シルバは文字板中央部分が黒いのが特徴的。矢印の色(赤と白)も違いますね。

いやーよく似ています。まるで双子のようだ。



後ろ姿もよく似て、、ってどっちも「FINLAND」って書いてある!!
シルバはスウェーデンで設立、スントはフィンランド)

合わせてみると・・・ぴったり!



ベゼルもコンパスのカバーも形は同じだね。たぶん。

ということは、4039さんがスントのM9からシルバを作ってたのは、大正解ってことですねw



コンパスの裏側もほぼ同じ。金属部分に付いているプラスチック?に違いが。これは年代的なものかしら?

シルバは『北米に於ける商標を巡る争い』があったそうで、米国ではゴタゴタがあったみたいです。

もしかすると、シルバのリストコンパスが、スントのM9になったのかもしれないですね。
(そもそもスントがシルバのリストコンパスを作っていたのかも…)

というわけで、リストコンパスの比較でした〜〜


おまけ。
日本国内に限ると、調べた感じでは国内オリエンテーリング界では圧倒的にシルバの方が有名みたいです。

■SILVA社について
http://www.nordicsp.com/silva_nexus.html

■コンパスのはなし
http://www4.plala.or.jp/sans-souci/kiso/compass.html


スント(SUUNTO) コンパス M9 [日本正規品 メーカー保証] SS004403001
スント(SUUNTO) コンパス M9 [日本正規品 メーカー保証] SS004403001


  


Posted by リコ・チンデル  at 23:08Comments(2)装備レポート

2017年11月29日

Paraclete HPC cummerbund 有りと無し

みなさん、ご無沙汰しております。

9ヶ月ぶりにブログを更新してみましたw
いつも来てくださってる方(ブログ管理画面の「足あと」ページから)がいて、、、ホントありがたいことです。

近況なんですが、今年度は子供の受験があったりで、新年度が始まってからは土日は非常に遊びに行きづらい(というか行けない…)状況だったりしますw

さて、、
前回の更新からサバゲは一度(3月)しか行ってないんですが、装備の購入は地味にしております。

プレキャリは5着ほど購入。そのうち2着は以前からずっと狙っていたものだったんで、、、届いてすぐに着込んで風呂入って一杯やって一緒に布団に入りそうになりましたw

で、ゲットしたプレキャリはこちら!


MSA PARACLETE(パラクレイト)製のマルチカムHPC!カマーバンド有りと無しの2つです。どちらもMEDIUM。

いやーどちらも数年間ずっと探していたんですが、タイミングよくポンポンと入手できましたw


まずはカマーバンド有りから!


M4ポーチもMSAパラクレイトで。
マルチカムってなかなか出ないんですよね。。


次にカマーバンド無しHPC!10th SFGからの放出品!
ポーチとセットの状態でゲットできました。うれしい。。


後ろはフラバンポーチのみ。ど真ん中に破れあり。こういう破れも愛おしい。

・・・というサクッとしたお買い物ブログでしたw



そして最後にギアフェスですよ。
この日だけはリミッターカットで遊びに行きますw



コンマガのmorizoさん(新東京装備BAKA)の記事に出てましたが、優勝チームには「称号」がプレゼントされるようなので、、、これがギアログから続く楽しみの一つだったりします。

morizoさんの記事をまとめてみましたので、ぜひご活用くださいw

インフォメーション12 席次表 (12/9)

インフォメーション11 送迎について (12/9)

インフォメーション10 チーム編成 (12/8)

インフォメーション9 入場の手順 (12/8)

インフォメーション8 ゲーム内容とレギュレーション (12/7)

インフォメーション7  協賛企業ご紹介 (12/6)

インフォメーション6  ギアフェスグッズその1 (12/5)

インフォメーションⅤ カテゴリー部隊数発表 (11/29)

インフォメーションⅣ 現状報告 (11/24)

参加応募ありがとうございました。 (11/4)

参加応募開始 (11/1)

インフォメーションⅢ 新カテゴリーについて (10/31)

インフォメーションⅡ 参加応募について (10/29)

インフォメーションⅠ (10/27)

インフォメーション プロローグ (10/4)

装備好きゲームイベント「ギアフェス2017」開催当日のカギを握る「5大キーワード」が発表。11/1受付開始 (10/26)

ギアフェスは“装備数寄”たちが集まってわいわい「遊ぶ場」。オトナの社交場で一日楽しみやしょう。

では参加予定のみなさま、現地でお会いできる日を楽しみにしていますw






  


Posted by リコ・チンデル  at 00:20Comments(0)装備レポート

2016年12月08日

マッドドッグ・マティスのパッチ

ようやくマルチカムのCVCをゲットしたので、記念あげですw



記念とか言いながら、ネタはCVCではなく、パッチ特集の第二弾です。

去年の6月の記事で『近々、第二弾も公開予定です!お楽しみに〜』とか書いたんですが、、、1年半経ちました。早いなぁ。

で、今回ご紹介するのは『Stay the Course』製と『Rogue American apparel』(RAA)製のパッチ。

それでは早速いってみよう!w


Stay the Course : Kill You All Patch

冒頭のプレキャリに付けた黒いパッチは、『狂犬マティス』の異名を持つ米国の次期国防長官ジェームズ・マティス氏の有名な発言をパッチにしたもの。

こちらは通常の「刺繍パッチ」ではなく『織りパッチ』。ドクロの細い線がよく出ています。



Stay the Course : Stay the Course Shield Patch

Stay the Course製のソフトPVCパッチ。5色展開。



Rogue American : BAMF VELCRO PATCH

Rogue American製。BAMF(Bad-Ass MotherFu*ker の略)。10cm ✕ 7.5cm。迫力のあるパッチ。



Rogue American : INVADER III (BOOGIEMAN) PATCH

10cm ✕ 7.5cm。こちらも織りパッチ。



Rogue American : RAA FINGER SALUTE

5cm ✕ 4cmの小さいパッチ。見たとおりインパクトがありますw



Rogue American : WARRIOR HEADDRESS VELCRO PATCH


Rogue American : SAVAGE RED RAA SKULLIE PATCH

というわけで、ようやくのパッチ特集第二弾でした。近々第三弾も予定していますw



  


Posted by リコ・チンデル  at 01:12Comments(0)装備レポート

過去記事
プロフィール
リコ・チンデル
リコ・チンデル
どうも~:)
装備好きな田舎暮らしのオッサンのリコ・チンデルです。
ゆる〜い装備ブログです。みんな~よろしくね♪

MY ALBUM【

free counters
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 51人
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
ブログ・ネタ
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ