2016年12月01日

NAR イーグル IFAK バッグ

気がつけばもう12月。早いなぁ。早い。

今年は数えるほどしかサバゲに行けず・・・ナイロンを愛でては自分を慰める日々を送っておりましたw


さて、そんなナイロンの一つでようやくゲットできたのが、これ!



NORTH AMERICAN RESCUE(ノース・アメリカン・レスキュー:NAR)の『EAGLE IFAK BAG』です!

■EAGLE IFAK BAG
https://www.narescue.com/eagle-ifak-bag

いやーようやくゲット出来ました。。ずいぶん昔に蚊と小判さんのインスタで見てから一目惚れ。

欲しい欲しいと思いつつも「NARのサイトで買えるからいつでもいいだろー」と思っていたら、マイナーチェンジしてて同じモデルがないw

というわけで、先月にようやくユーズド品をゲットできたというワケです。

私の知ってる限り2回はマイチェンしてますね。ベルクロが付いたり、ジッパーのプルタブがなくなったり。

まぁ自分のもどこか変わってるかもしれませんが、ぱっと見た目は同じそうなんで、、、まぁいいかw


前置きが長くなりました。簡単にこのポーチのご説明。



両脇のジッパーが印象的。シンプルなポーチってかっこいい。



反対側はこんな感じ。MOLLEに縦向きに付けられます。横向きには付けられないんですね。

HSGIやITSの横長IFAKポーチは、どちらも横向きにも付けられる仕様になってますが、ここは運用の特色ですかね。

この上のハンドルを下に引っ張ると、、



ぺろーん。



ぱっくりと開きます。中にはさらに脱着可能(ベルクロ固定)な赤いハンドルの付いた「ゲタ(インナーパネル)」が入ってます。




「ゲタ」にはゴムひも(ショックコード)が付いているので、ここに医療品を固定。



緊急の際はゲタの赤いハンドルを引っ張り、ベリベリっと剥がし、手元に置いて使うわけですね。


こちらがメーカーのキットが詰まった状態。



パンパンに詰まってる方がなんとなくミリっぽくていいですw

というわけでNARのIFAKポーチでした〜

ちなみにIFAKポーチって買っちゃうんですよね〜まぁGPポーチにバッテン付いてるだけのも含めてですがw


  


Posted by リコ・チンデル  at 22:55Comments(2)装備レポート

2016年10月31日

余剰パーツでプレキャリを作ってみよー

ここんとこサバゲに行けずに溜まりに溜まっているわけですが、装備熱はいつもどおりの状態を保っております。
どうもご無沙汰しております。リコ・チンデルですw

さて、装備好きな皆さんはすでにご覧になってるかも知れませんが、まずはこの画像から!





か、かっこいい、、、この方はROBERT KELLERさんって方。

えー詳しくはこちらをご参照ください。

■ROBERT KELLER
http://panteao.com/instructors/robert-keller/

■Gamut Resolutions(About Gamut Resolutions)
http://gamutresolutions.com/about-us/


で、ミーハーな自分はさっそくこのかっこいい画像を真似ようと、すぐさまこちらをゲット!



Crye Precisionの『CAGE (Crye Assault GEar) Armor Chassis』!!・・・

・・・は、フルセットがとてもお高いので、前後に付ける『CHASSIS PLATEBAGS』(シャーシス・プレートバッグ)ってプレートを突っ込むパーツのみゲットしましたw

簡単に言うとAVSみたいに、最小のパーツ組み合わせでプレキャリを作ろうってことですね〜

で、他に用意したのがCrye Precisionの『JPC』のカマーバンド、『AVS』のハーネスに付いてるシングルストラップ。それとミルスペックの『ショックコード(ゴムひも)』を2本。



簡単にできるだろーと思ってたんですが、いろいろ考え始めると結構時間がかかりました。。

こちら↓が、プレートバッグ前面の裏側。ショルダーストラップが付いてて、左側にはリリース用の1インチ幅のバックル(オス)付き。



こちら↓が、プレートバッグ背面の裏側。こっちはショルダーストラップが付いていないんですね。。



そのためにわざわざ『AVS』のシングルストラップを用意しましたw



ここは後ほど(年代的な設定上)リーガルメイドってことで手作りの予定。

いろいろ再考の余地があるのですが、ひとまず一番上のコマに通して使うことに。



ストラップのウェビングもずいぶん余ってしまってます。

カマバン背面側はショックコードで通して固定。ショックコードがほどよいテンションを付けてくれるかと思ったらかなりガッチリに。



まぁこれはこれでいいんですがこちらも再考することに。

カマバン前面は普通に挟みこむだけ。



とまぁいろいろ問題はありますが、ひとまず形になりました!



かっこいい。。のか??ショルダーパッドは余ってたメイフラ『APC』のもの。

『JPC』のサイドプレートを装着!!!



うん。なんか普通w

後ろから。



ハンドル(ゴムチューブ)の黒がかっこいい。

サイドプレートを外してポーチを盛ってみると。



あれ、やっぱりかっこいいw

で、実際に着用して思ったのが、ショルダーストラップの使いにくさ。。1インチ幅しかないのでショルダーパッドがくるくるとねじれてしまいました。

現在進行形でバージョンアップしてますが、この先もちょこちょこいじっていきたいと思いますw


  


Posted by リコ・チンデル  at 17:43Comments(0)装備レポート

2016年08月15日

CRYE ラジオポーチ

前回更新から約一月ぶり。みなさんお元気でしたでしょうか?
私は盆もがっつり働いていますw



さて、、
お買い物ネタです。
Crye Precisionのラジオポーチをようやくゲットしたのでご報告w


今から数年前。円高ドル安時代に、海外のオークションサイトにCryeポーチセットがぽろぽろと出てたわけですが、「底値で買ったる!」と調子にのってて買いそびれてしまったのでしたw

その時は、正直あまりCryeのポーチに興味がなかったんですが、今さらになって欲しくなってしまい、、、まぁ現在苦労しているわけですw


Spooner氏。


前置きが長くなりました。

今回ゲットしたのは前オーナーさんからの放出品です。バリバリに使い込まれていますw

せっかくなんでParaclete(パラクレイト)製ラジオポーチと比較です。前回TAGのラジオポーチの時も比較要員として参加してもらってますw

Crye Precision radio pouch
パラクレイトに比べると、よくある(?)ラジオポーチって感じですよね。

Crye Precision radio pouch
サイズもほぼ変わりません。まぁ当たり前かw


前から。このファステックスがね・・・もうね。いいね。


後ろ。Cryeポーチ共通のボタン留め。


内側。クッション材?(矢印の部分)が内側に貼ってあります。


右サイドはケーブルを逃がすエラスティックバンド仕様。矢印の部分が内側の素材。


って感じで久しぶりの記事でしたが、皆さん、夏バテには気をつけて下さい。(強引にまとめる)



  


Posted by リコ・チンデル  at 22:29Comments(4)装備レポート

過去記事
プロフィール
リコ・チンデル
リコ・チンデル
どうも~:)
装備好きな田舎暮らしのオッサンのリコ・チンデルです。
ゆる〜い装備ブログです。みんな~よろしくね♪

MY ALBUM【

free counters
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 52人
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
ブログ・ネタ
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ