2015年09月21日

TYR & High Ground 152ラジオポーチの比較

『TYR Tactical』『Communications Pouch - PRC-152 Drop-Down/Tilt-Out MBTR Radio』(1世代前)をゲットしたので、『High Ground』の152ポーチと比較してみました。



どちらのメーカーのラジオポーチもちょこちょこ画像を見ますね。両方ともにドロップダウンタイプなので、ラジオに素早くアクセスできます。まぁサバゲにはあんまり意味ないけどw

この画像↓は3rdSFGの方だそうです。



ラジオの向きは逆に挿してますね。まぁそのへんは使い勝手でどちらでもw


というわけで、まずはTYRのラジオポーチをご紹介。ダミーラジオはFMA製の『PRC-152 Dummy Radio Case』を入れてます。


サイリュームを2本装備できます。が、ファステックスが外しづらいです…表面には薄いパッドが入ってラジオを守ります。


そのファステックスを外すとパカっと開きます。


かなりぱっくりいきます。


右側に絞り。


上面のパラコ(パラシュートコード)でラジオの脱落防止。


パラコが太すぎて使いづら・・・最新版では細いパラコに変更されていますw




裏側。


ここからはHigh Groundのラジオポーチ。


High Groundも表にファステックス。こちらも薄いパッドが入っています。


こちらもファステックスを外すと開きます。上の紐がファステックスと繋がってて…よく考えられてます!


下はジッパーになってます。バッテリーの交換もラクラク!ダミーには関係ないけど。


配線の管理に便利。本当によく出来てます。


最後にコマ数の比較。

お値段はHigh Groundの方が7〜8ドルほど高いです。
機能も素材も素晴らしいのですが、ラジオ上面に脱落防止パラコがないのがちょっぴり不安。

ちなみに現行のTYR152ポーチはtaroybmxさんが記事にしていますw









同じカテゴリー(装備レポート)の記事画像
シルバのリストコンパス
Paraclete HPC cummerbund 有りと無し
マッドドッグ・マティスのパッチ
NAR イーグル IFAK バッグ
余剰パーツでプレキャリを作ってみよー
CRYE ラジオポーチ
同じカテゴリー(装備レポート)の記事
 シルバのリストコンパス (2018-09-08 23:08)
 Paraclete HPC cummerbund 有りと無し (2017-11-29 00:20)
 マッドドッグ・マティスのパッチ (2016-12-08 01:12)
 NAR イーグル IFAK バッグ (2016-12-01 22:55)
 余剰パーツでプレキャリを作ってみよー (2016-10-31 17:43)
 CRYE ラジオポーチ (2016-08-15 22:29)

Posted by リコ・チンデル  at 12:06 │Comments(2)装備レポート

この記事へのコメント
いいですねー旧型!画像に出てくるのはこっちばっかりです...
TYRみたいな新興メーカーはマイナーチェンジのペースが異様に早いですね。おそらく部隊からのフィードバックを即反映してるんだと思いますが、真似する方は大変です...
Posted by taroybmxtaroybmx at 2015年09月22日 22:41
taroybmxさん、こんにちは!

欲しい時にはOLD GENってよくありますよねぇ。。メーカーのフィードバックの早さにはびっくりですw

でもまぁ、この趣味っていじったり妄想したりすると、製品のバージョンアップした意図が見えてきてホント楽しいっすw
Posted by リコ・チンデルリコ・チンデル at 2015年09月23日 12:00
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

過去記事

プロフィール
リコ・チンデル
リコ・チンデル
どうも~:)
装備好きな田舎暮らしのオッサンのリコ・チンデルです。
ゆる〜い装備ブログです。みんな~よろしくね♪

MY ALBUM【

free counters
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 51人
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
ブログ・ネタ
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ